HOME | プロダクト | パテントパッケージ(紙器箱)アイパックスイケタニ東京営業所 | 熱絞り紙成形容器 [まゆ玉型 容器]

 
 

熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 2017グッドデザイン賞受賞
 
箱でグッドデザイン賞
菊のデザインは2017年度
グッドデザイン賞を受賞
 
熱絞り容器でグッドデザイン賞受賞
Hot Mold Press Box

  
Hot Mold Press Box

アイキャッチさせる様々な商品パッケージに! 

紙製 熱絞り容器

 1枚の平らな板紙を金型で熱プレスする。
 脱プラ素材の環境対応技術。

ホットモールドプレスボックス  Hot Mold Press Box (熱絞り容器)
左画像はまゆ玉型 NO,3タイプ 
 
特許認証
<発明者>
蔵前産業株式会社 大原康弘 / アイパックス イケタニ株式会社 金指恵司
2社共同出願


 
一枚のプラスチックを含まない板紙を金型で熱プレスする製法。
四角いパッケージが大半を占める業界で唯一曲面を描く紙製の開発パッケージ。
そのため通常の成形方法ではしわが発生するところを極めてしわが目立たない
成形技術を投入したメイドインジャパンのオンリーワンパッケージ。
また成形物の外周は二次カットせずほぼ成形通りで水平を保つ。
素材は成形に特化した板紙を独自に開発。(KGボード7)
板紙を熱絞りする技術特許は筋押しを利用する紙皿加工を含め板紙単判プレス
技術としてマイクロプラスチック(MP)問題の紙素材加工業界における
技術解決策の一つになる。
 
やさしい曲面は商品に独特な雰囲気を演出させるパッケージ。
採用された方の成功事例をお聞きください。
和柄から洋柄、キャラクター、そして無地への装飾などで多彩な顔を見せる。商品の差別化へ。

 
 
 
 
熱絞り容器 熱絞り容器
熱絞り容器 
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
ペーパーウッドボックス
玉手ボックス玉手ボックス
玉手ボックス
ペーパークリアーインボックスペーパークリアーインボックス
ペーパークリアー
ペーパークリアーカンペーパークリアーカン
ペーパークリアーカン
ドームカンドームカン
ドームカン
フレームインボックスフレームインボックス
フレームインボックス
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス
ヒートシールボックス
シュリンクボードシュリンクボード
シュリンクボード
サークルスタッキングシステムサークルスタッキングシステム
サークルスタッキング
スクエアクッションスクエアクッション
スクエアクッション
キャラクターカンキャラクターカン
キャラクターカン

 
 
金型バリエーション

(本体とフタとの2ピース形状)
 
熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 2017年度グッドデザイン賞受賞
 
 
熱絞り容器 まゆ玉型容器箱箱 3パターン熱絞り容器 まゆ玉型容器箱箱 3パターン
まゆ玉型(NO,1 NO,2 NO,3 )

まゆ玉型の容器。フタと本体の1セット。型はNO,1~NO3 まで3型保有。NO,1はよりウエストが絞られ、NO,3になるにしたがいより膨らんだ型となる。熱絞り容器の型の中でも絞り度が高く非常に難しい製法となる。ラウンドした形がやさしさを表現する。2017年度グッドデザイン賞を受賞した形はNO,3。

 
熱絞り容器 長方形の大と小サイズ熱絞り容器 長方形の大と小サイズ
長方形(大と小サイズ)

長方形型の大、小サイズ。フタと本体の1セット。角が全てラウンドしており、やさしく柔らかさの表現が特徴。縦長の容器表現に。スリムなタイプ型

 
熱絞り容器 正方形の大と小サイズ熱絞り容器 正方形の大と小サイズ
正方形(大と小サイズ)

正方形型の大、小サイズ。フタと本体の1セット。角が全てラウンドしており、やさしく柔らかさの表現が特徴。正方形の大サイズが保有型で最大サイズとなる。大柄なギフトセットに。

 
熱絞り容器 150Φサイズ熱絞り容器 150Φサイズ
150mmΦドーム型

150mmΦドーム型。フタと本体の1セット。円形でドーム状にフタが膨らんでいる。円形のモチーフデザインを全面に印刷可能。過去テストデザインとして、果物、ボールなどを描いてアイキャッチ性の高い形状となった。

 
熱絞り容器 サッカーボール型熱絞り容器 サッカーボール型
150mmΦサッカーボール型

150mmΦのサッカーボール型。フタと本体の1セット。フタのみサッカーボールの凹凸を金型で表現している。画像は墨1色の印刷を施している。無地でも可能。

 
熱絞り容器 別注型の受注
別注金型製造が可能

別注文のオリジナル金型製造が可能。独特な形で唯一の形状を商品の特徴として優しさ、紙の風合いをオリジナル商品として価値を高める手助けを致します。金型は高価になるため、長期的な販売戦略が必要です。サイズ、形状など制限はございますが、さまざまな形に挑戦致します。

熱絞り容器 サイズ表図
 

熱絞り成形容器の現在保有型

2018年現在
(今後も増加させて行きます。このページにて都度ご確認ください。)
 

製品規格表

製 品 名 まゆ玉 NO,1 まゆ玉 NO,2 まゆ玉 NO,3 長方形 小サイズ 長方形 大サイズ
サイズ(フタと本体重ね) 155x85x45mm 155x85x45mm 155x85x50mm 200x70x45mmH 200x140x45mmH
まゆ玉ウエスト高サイズ
約38mH
 約42mm  約50mmH
使用板紙 KGボード7

KGボード7

KGボード7  

KGボード7 KGボード7 
1個セット当たり重量  23g  23g  23g 30g  47g 
梱包数量
240セット入れ  240セット入れ  240セット入れ 200セット入れ  120セット入れ 
梱包段ケース寸法 596x496x338mmH   596x496x338mmH 596x496x338mmH   596x446x428mmH  596x446x428mmH
最低受注数量
1,200個 1,200個 1,200個 1,000個 1,080個
 
※まゆ玉型パッケージはフタのウエストがNO,1~NO,3に行くほど膨らんで行きます。
       また、微差ではあるもののNO,1の本体は専用型となっており、NO,2とNO,3は共通型となります。
製 品 名 正方形 小サイズ 正方形 大サイズ 150Φドーム型 150Φサッカーボール型
サイズ(フタと本体重ね) 150x150x45mmH  200x200x45mmH 150Φx60mmH 150Φx60mmH
使用板紙 KGボード7

KGボード7

KGボード7  

KGボード7
1個セット当たり重量  42g  65g  35g  35g
梱包数量
120セット入れ 80セット入れ  120セット入れ   120セット入れ
梱包段ケース寸法 596x496x338mmH   598x446x428mmH 636x466x318mmH   636x466x318mmH
最低受注数量 1,080個 1,040個 1,080個 1,080個
 
★既製品での在庫販売はしておりません。上記表の最低受注数量からの都度製造となります。

★ご発注数は熱絞り成形の成形後に安定形状をさせるためケース入り数単位で割り切れる数量でお願いしております。

★食品対応の板紙を利用しておりますが、耐水耐油効果はございません。利用状況でのテストをお願いします。 
★オリジナルデザインの場合、立体的な事前サンプルにてデザイン形状をご確認頂けます。また当社デザイナーによるデザインも承ります。
★納期は都度ご確認ください。数量、加工方法、時期により変化いたしますがおよそ4~5週間前後、国内製造。
熱絞り容器の加工機械
衛生的なクリーンルーム工場にて最終生産管理されております。

パンフレットダウンロード

 
熱絞り容器について

About Hot Mold Press Box
 

 
 

印刷:オフセット印刷による曲面を生かしたデザインを。

熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 印刷について
和柄、洋柄、キャラクターなど平面パッケージに無い表現が可能。

 
オフセット印刷による多彩な印刷が施せます。通常平らな面にデザインすることが多いパッケージデザインですが、熱絞り容器は曲面が有り、それを生かしたデザインでアイキャッチ効果の高いパッケージに仕上げることができる。印刷はフタ及び本体にもかけることが出来ます。使用される板紙は熱絞りに特化したKGボード7でほどよいマット感が特徴となっております。箔押しは熱での劣化がありますので位置や面積などテストが必要です。エッジ部分にベタ印刷を持ってきますと熱と圧力により擦れが発生しやすいので事前テスト品にてご確認ください。 印刷はKGボードの特性を知る自社工場印刷オペレーターにより施されます。

装飾品:無地の状態でゴム紐等の装飾にタグを差し込むだけでも良し。

熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 装飾について
印刷をしないプレーンの状態での装飾仕上げも良し。

      画像引用:銀座シックス 旬菜三山様
 

熱絞り成形は印刷をせず、無地への装飾でも十分に存在感を表現できる。画像の銀座シックスへ出店されている旬菜三山様のパッケージはシールと差し込み薄紙印刷物とゴム紐にて見事に装飾し、その存在感で売れている事例だ。他に入浴剤メーカー様もシールと止めゴム紐で表現している。コスト的にも印刷よりも安価に表現できる場合があるのでデザイナーとともにクリエイトして頂きたい。アイデア次第で幅の広い表現が展開できる。

材質について:KGボード7

熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 材質について KGボード7
より独自な開発をするなかで世に無かった板紙も作った。

熱絞り容器を開発していく中でより目的に近づくために材料の開発も必要だった。プラスチックを含まずに深絞り成形しても元に戻りにくい世に無かった板紙を作り出すことは困難を極めたが当時の製紙、包装産業に従事するマイスター達が多くの知恵と経験を注ぎ込んでくれた。印刷仕上がりは程よいマット感があり、成形するとピンポン玉と同じ音を発し、硬く成形変化され成形戻りを防ぐ。「KGボード7」という板紙への命名には開発者達だけが知る開発コードが含まれている。しかし現代では予想だにしない板紙の開発はもはや皆無といえる時代に入った。日本産業界の大きな問題であると思う。KGボード7を使った成形加工特許は当社と蔵前産業(株)が2017年9月に取得し、同年11月には蔵前産業(株)の大原氏が板紙と布を貼り合わせての熱絞り成形の特許も取得した。 

インキ擦れなどの耐圧の開発途上:インキと表面加工の開発

り容器 まゆ玉型容器箱 擦れについて1り容器 まゆ玉型容器箱 擦れについて1
金型で熱成形をする中での耐性開発は今も続く。

熱せられた金型で平らな紙ブランクを数トンの力で成形する時に多くの負荷がかかる加工方法であるため、印刷されたデザインへの高い耐性が求められる。黒系や濃いめのベタ印刷では画像のような擦れが発生する。初期段階からは数段上の耐性を完成させたが、さらにその耐性を上げて行く開発をする。これらのデザイン上の特性は受注時に過去前例サンプルを元にアドバイスさせて頂きます。また下部画像は深さ部分になりますが、絞り加工時に発生する「しわ」は極めて目立たないものの、そのような部分に柄デザインを入れますとグラフィックの繋がりが途絶えてしまう事になります。下部画像右は白地に柄ですので比較的目立たないデザイン設計になっております。

熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 擦れについて2熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 擦れについて2
り容器 まゆ玉型容器箱 擦れについて3り容器 まゆ玉型容器箱 擦れについて3

この容器への想い:マイスター達の底力。

熱絞り容器の加工機械
独自な開発は困難なものなのか?

本当に最近様々な製造業界から聞かれる技術や知識、経験を持ったマイスター達が引退して行く問題。この紙関連業界でも同じことです。自分もこの世界に入って素晴らしい仕入れ先の大先輩から学ぶことが多かった。だから壁がくれば遠目から聞こえる無理だという雑音にも耳を貸さなくてよかった。とにかく失敗ができない、チャレンジができにくく、結果だけを急ぐ世の中のシステムになった。このまま行けばコスト競争だけの魅力のない企業であり業界になり、当然人が集まらないため魅力のあるクリエイティブな人材は入社してこないですし育たない。イコール、永遠の繁栄はできない。そんなチャレンジ魂を持ったクリエイティブな人たちが、ここ数年製造業企業から必然と消し去られた。また、その背中を理解して押す人も少なくなった。そんな中で今回の開発に最後のマイスター達の底力を見た。この容器は1社だけではできない、開発各企業の代表達が今までの経験と知識で数々の壁を乗り越えて行ってくれた。無理だと言わず、必ず解決策を提案して、しかも自信たっぷりの笑顔で・・・。おそらく部外者が聞いても話の内容はもう理解できない領域まで入っている。仕事は面白いと感じる一瞬だ。こんな容器が2017年10月にグッドデザイン賞を受賞した。グッドデザイン賞60年の歴史の中で唯一、食品メーカーの包装パッケージではない、化粧箱単体にて受賞するという過去前例の無い受賞となった。主任審査員からも後日の審査報告会で出席者に対して題材に出し発表してくれた。「ここ数年パッケージデザインの変化は四角い形状に対してロゴマークを変えたり、ホロ箔を貼ったりと変化が無い中、それとはまったく違う次元の熱絞り容器はエッジの美しさ、材料、加工技術の進化としてのテクノロジーを見た。」と言って頂いた。開発関連企業のマイスター達が感動した一瞬でした・・・そして2017年グッドデザイン賞を受賞と同時期にこの容器の製法が特許認証された。
 
 
 

 
 

NEWS

パッケージ単体にてグッドデザイン賞受賞


001
 
002
 
003

<受賞代表3名>
 プロデューサー 金指恵司   ディレクター 大原康弘   デザイナー 稲葉光弘
 
熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 2017年度グッドデザイン賞受賞 アイパックス イケタニ 東京営業所熱絞り容器 まゆ玉型容器箱 2017年度グッドデザイン賞受賞 アイパックス イケタニ 東京営業所
 
この度、東京営業所が蔵前産業㈱の大原氏と共に数年間共同開発してきました 熱絞り容器が2017年9月に特許取得に至ることができ、またその熱絞り容器である「まゆ玉型容器パッケージ」が2017年10月グッドデザイン賞を受賞するに至りました。60年というグッドデザイン賞の歴史の中で食品等メーカーと共同申請せずに化粧箱単体にて受賞するという過去前例をみない受賞となりましたことは日頃より背を押して頂いた皆様方そして、前例の無いパッケージ技術を幾度となく現れた壁にも諦めず、つき進めた紙素材に携わる包装産業マイスター達の力だと思っております。心より感謝を申し上げるとともにさらなる開発により容器パッケージという包装産業のステージを利用し、社会になす貢献がさらにできますよう精進する心構えでおります。 今後ともご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
 
002

   成形機で作業をする大原氏

 
  
思えば若かりしころの30年前、私は営業マンでありながら、ある顧客企業と紙皿絞り成形の開発に携わりながらテスト抜型を100型以上作り、その時に本番抜型を設計する前、筋押しの無い状態でその筋押し本数推測のため客先にあるプレス機にてテスト打ちをしており、その時出来上がたサンプルがとても「しわ」を風合いとした素晴らしい容器となった。それを製品として販売してみたが、時代が早すぎた。万人からその「しわ」の良さが不良品ととらわれ少量を販売したのみで停止してしまった。そのため逆の発想で深く絞っても極力「しわ」の出ない容器を考案したくなった。しかしこの考案を具現化できずに二十数年が経過し、ふとした切っ掛けである方にこの構想を話した所、「自分の思いを具現化できる人がいるよ」とご紹介を頂いたのが蔵前産業㈱の大原氏だった。大原氏の思いと私の思いは同じだった。大原氏は会社の中でたった一人、産業支援を受け深絞り容器のモンスター製造マシンの開発に携わり成形金型を自ら設計、製造まで一人で行っていた。しかし肝心の印刷ブランクを供給するパッケージ製造会社との協力関係が無かった。当然ながら、当時この容器の未来性を判断できる方はいないでしょう。この先どうなるかわからないパッケージに賛同する製造会社もなかった。企業ですから、会社内で結果が出るか出ないかわからない物に自ら手を上げ立ち上がることがどれほど勇気が必要なことか。売れなければ当然叩かれる。しかも蔵前産業㈱は鉄を加工する会社。その中で産業が多様化し既成概念
大原氏と金指

   二人は全国を周り商品説明会を積み上げた。

では突破できない時代が来る中で未来を見据え、たった一人で突然「鉄」から「紙」を加工し始めるのだから。その男義半端じゃない。しかしこんな二人が出会う確率は100万分の1と知り合いに私がいつも話しているのですが、あの日、私の思いの中心にある「迷ったら難しい道を選べ」 を実践している大原氏と出合ったその日に、固い握手をかわし私はデザインとブランク製造、販売システム。大原氏は技術管理、成形製造を担当し、お互いの無いところを補い合いながら、このプロダクトを全国に広める実現のために共同作業が始まった。そして衝撃的な瞬間がその後訪れる。立ち上げ時に利用していた板紙では様々な環境問題や強度などをクリアーができなかったが、ある偶然から間違ってプレスしてしまった紙素材が叩くとピンポン玉のような音をたて、きれいな成形を保持してしまったのだ。その紙の特性を徹底的に調べ上げ、テスト打ちをして精度を上げていった。これが熱絞りに特化したKGボード7という世に1つしかない板紙も作り上げた。KGボード7の命名は私がしたのですが、開発者達だけが知る開発コードが含まれています。そして完成したサンプルをアポイントを取り全国の新規顧客先に二人同行して商品説明会をして周る日々が延々と続いた。大勢の新規顧客に二人はジョークを交えながら商品の良さを説明して行った。時には20名以上も集まることも多く、また二人は商品説明会を同業社にも行い、ロックのコンサートにたとえ、この仕事に目標を見いだせない若きパッケージ営業マンやデザイナーたちの前で開発秘話を元に「パッケージの仕事は素晴らしい!」と笑ってエンターテイメント営業を繰り返し勇気付けることを続けた。それから現在、時代は巡ってきた。次から次に熱絞り容器の定期的なお仕事を頂けるようになった。まだ先が見えないころ夜遅く関西で商品説明会を開いて二人帰るとき、お互い「いつか波、来るよね?」って励ましあった日が懐かしいです。この事業は私だけでは出来なかった。大勢の包装産業のマイスターたちが惜しみもなく人生で培った技能を私に対して力を発揮してくれた。そして、2017年9月にはこの熱絞り容器が特許認証され、同年10月にはグッドデザイン賞を受賞することができました。仕事の可能性って凄いなと感じた瞬間でした。まだまだ完成なんてしていないこの容器をもっともっと磨いて多くの方に喜んで頂ける日を願い、楽しんで精進するのみです。展示会にも定期的に参加しております。どこかで出会いましたらこの二人に是非お声かけください!
 
アイパックス イケタニ株式会社 東京営業所 金指恵司 (カネザシ ケイジ) 

 

 ★熱絞り容器による展示会情報★
蔵前産業㈱出展 2018年 2月7日から9日
ギフトショー春2018
東の4ホール中小企業総合展in Gift Show2018 
東4SME-037  蔵前産業(株)ブースにて 終了!
 

 

大勢のお客様がブースにお越し頂きました。
ありがとうございました!

蔵前産業ギフトショー

     2018年2月ギフトショーのブースに立つ二人。
     熱絞り容器を全国に広める活動はまだまだ続く。

 
 
 
 

大原氏と金指

    左 蔵前産業(株)大原氏 右 金指
収益金で福祉車両を購入しているGBGBコンサートにて

<グッドデザイン賞 審査員コメント>
紙成形の手法は多く存在しますが、このパッケージの
エッジの美しさ、 展開性は素晴らしいと思いました。
紙パッケージがこのようなテクノロジーによって
進化し続けてほしいと思います。 
 
2017年度受賞のパッケージ・広告部門33件検索
 
 
 
   
         (蔵前産業 株式会社とは熱絞り容器に関する共同特許を取得し業務提携をしております。)
 
 

2017グッドデザイン賞受賞 パッケージ
グッドデザイン賞紹介ムービー
 
-
 
 
 
 
熱絞り容器 熱絞り容器
熱絞り容器 
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
ペーパーウッドボックス
玉手ボックス玉手ボックス
玉手ボックス
ペーパークリアーインボックスペーパークリアーインボックス
ペーパークリアー
ペーパークリアーカンペーパークリアーカン
ペーパークリアーカン
ドームカンドームカン
ドームカン
フレームインボックスフレームインボックス
フレームインボックス
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス
ヒートシールボックス
シュリンクボードシュリンクボード
シュリンクボード
サークルスタッキングシステムサークルスタッキングシステム
サークルスタッキング
スクエアクッションスクエアクッション
スクエアクッション
キャラクターカンキャラクターカン
キャラクターカン

 


 
 
 

 
 

<グッドデザイン賞 審査員コメント>
紙成形の手法は多く存在しますが、このパッケージのエッジの美しさ、展開性は素晴らしいと思いました。紙パッケージがこのようなテクノロジーによって進化し続けてほしいと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

グッドデザイン賞受賞グッドデザイン賞受賞
 
The work of the package is nice and pleasant.
 

FIND ITEMS

サイト案内